The First Satsuki's International Fans Community Forum

Would you like to react to this message? Create an account in a few clicks or log in to continue.
The First Satsuki's International Fans Community Forum

IL PRIMO FORUM IINTERNAZIONALE DEDICATO A SATSUKI
(THE FIRST INTERNATIONAL FORUM DEDICATED TO SATSUKI)


Graduation

SATSUKIMANIA
SATSUKIMANIA
Admin


Posts : 677
Join date : 2012-08-02
Location : Italy

Graduation Empty Graduation

Post by SATSUKIMANIA Sun Mar 27, 2022 3:28 pm

Hello, just a little update. Lately Satsuki graduated at Keio University’s Faculty of Law. He says that it was his second time graduating from University. He speaks how he had to interrupt studies due the tours while he was studyng law also at concerts during backstages. We are happy to see him so focused on his goals. We wish him always to go ahead and find all the best he needs.
Probably I will slowly try to translate this, for now, I will leave just the original text.
See ya!



Graduation 24_mar10

「分断する世界の指針」

普段は秒スキャ、分スキャメインですが
珍しく長期スイングでエントリーしていた
慶應義塾大学 法学部法律学科
ポジションを利確しました。

リーガルマインド
アカデミックリーディング
アカデミックライティング
これらのスキルを高次元で昇華し
社会に貢献する術を學ぶ志を抱き入學。

憲法、刑法、民法はもちろんのこと
民事訴訟法、刑事訴訟法、国際法、メディア論等
それら一連の基礎を頭に叩き込みました。

大学卒業はこれで二度目になります。

1回目の卒業
10代の頃の知見と比べると
2回目は深さ、視点、
共に異なるポイントから
學びがありました。

世界中を旅して氣付いた事は
「この世界には万人が納得する
確実で絶対的な正解は存在しない。」
ということ。

各々が信じている宗教、文化、
それぞれが持つ大切な価値観があり
その1つ1つは
丁寧に尊重されるべきである。

そう切に願っています。

しかし現実世界では
力の強い者が
自分にとって都合の良い価値観だけを
一方的に弱者に対して押し付けて
飲み込ませ、ねじ伏せている。
そんな場面に遭遇することが多々あります。

そして富の二極化はさらに拡大し
富める者にはますます多くの権利が集まり
貧困層にその選択権はありません。

このままでは世界は分断されていく一方です。

そこにメスを入れる希望として
「公正な法の力」
を正しく理解し使用すること。

これが學びのモチベーションになっていました。

実際には
思い通り勉學は進まず
在学中に紆余曲折ある中で
ヨーロッパツアー、ロシアツアー、
ウクライナ、リトアニア、ベラルーシ、
ブラジルやパラグアイといった
南米各所でのコンサートツアーのお仕事を頂き
一旦學業が中断しました。

しかし、その合間でも
法学の學びを片時も忘れず
ライブ前の楽屋等にて
六法を片手に勉學と同時に発声!
ウォーミングアップ!

暗記を行いつつも
1分後にはステージへ!!

ライブ!!
ヘドバン!!
シャウト!!

熱い!!
歌い終わって汗だく!!!

そしてアンコール!!!!!!!!

ぎぁあああああ!!!!!

アドレナリン全開のまま
また「六法」の世界へと
静かに回帰していく...
....

そんなカオティックな世界観が
氣に入ってもいましたが
これにてポジションを利確クローズし
幕を閉じます。

現在は主に為替をはじめとした
グローバルマクロの視点で
投資、投機、トレードを愉しんで行なっていますが

もし
またいつか
どこかで
皆様にお逢いできる機会があれば
これまで奏でていた歌とは異なる世界観

濃縮還元、濃厚なアウトプットができるよう
日々鍛錬しておきます。

これからの人生で
世界中を巡ったツアー中に
音楽機材達の中に、そっと積み込まれていた
『六法全書』
あの重さは決して忘れることはないでしょう。

以上
慶應義塾大学卒業報告でした。


最後まで読んで頂きまして
本当にありがとうございました。


_________________
"...Let's take each other's hands"... People are not alone if I can illuminate their hearts with my songs" - (Satsuki).

    Current date/time is Mon Aug 15, 2022 10:36 am